ハラタコのジャーナル

12月8日
山口県人権作文コンテストの表彰式と、人権映画上映会が維新記念公園スポーツセンターで行われました。上位4作品は作者本人の朗読もあり、参加は一語一語に頷きながら聞き入りました。

12月7日
やまぐち再発見講座の全体会議を主催してきました。現在3つのグループで県内を取材していますが、定期的にそれぞれの成果を発表しています。今回は編集の基本方針についても話し合い、ページの組み立てはエリアごとにするけれど、インデックスを2種類にして、読者の利便向上を図るという方向が決まりました。

12月1日
おごおり地域づくり協議会のウォーキングイベント「おごりんピック」が開催されました。子ども連れなど150名近くが参加して、時折小雨の中を元気に歩きました。地元の人にはなじみの道も、地域が違うと知らない道かもしれません。みなさん楽しそうでした。

 

ハラタコのハッピームービー
山口市のビデオアーカイブ「ytube」にも
ハラタコの名前でアップしています
農地・水・環境保全向上対策

 農業を守る政策のひとつに農業環境の保全があります。農家の担い手が高齢化していく中で、環境保全には農家だけでなく、地域住民が協力して活動する必要があります。その活動組織「八方原の環境を守る会の書記と会計を引き受けています。

hhhh

八方原の環境を守る会の会報紙

やかたばら環境通信第119号(17年4月)

やかたばら環境通信第118号(17年3月)

やかたばら環境通信第117号(17年2月)

やかたばら環境通信第116号(17年1月)

やかたばら環境通信第115号(16年12月)

 

 

人権擁護委員のお話

人権擁護委員をご存知ですか。暮らしの中の様々なお困りのことについて、ご相談に乗ったりどんな解決方法があるのか一緒に考えていく民間人です。自治体が推薦し法務大臣が委嘱します。いつでもご相談にのることができますが、小郡地域では社会福祉協議会で毎月5、15、25日に特別相談日を設けています。時刻は毎回午後1時から3時までです。4人の人権擁護委員が順番で受け持っています。料金は無料です。相談の内容については厳しく秘密を守ります。

・・・小郡地域在住「人権擁護委員」・・・

灰田信子・上田雅憲・中原みどり・原田茂樹

 


Snake Harataco 原田茂樹

やかたばらニュース

12月1日
県農林事務所が指導する「こどもわくわく体験交換会」が八方原地区生活改善グループが地区子ども会を招いて、クリスマスリースつくりとかぼちゃ寒天つくりをしました。m

11月21日
農地・水・環境向上対策事業に取り組む全県団体関係者800人が参加して「農村未来の明日を考える研修会」が行われました。優秀団体の表彰などの後、「ローマ法王に地元米を食べさせた男」石川県羽咋市のスーパー公務員高野誠鮮さんのお話を聞くことができました。まさに痛快な地域おこし。あっという間の1時間半でした。最後の記念撮影の際にその後ろに回って、パチリ。

11月16日
農事組合法人八方原は新たなトラクターを導入しました。45馬力という強力なエンジンですが、まさにフルオートマチック。エアコンもオート。操作もほとんどボタン一つというハイテクぶり。値段も国産最高級乗用車が買えるとのこと。

 

 

原田への連絡

携帯電話 090-3375-5384

E.mail : harada.sigeki@brown.plala.or.jp

最終更新2013年12月10日